船橋競馬の検証結果(1) 2012/01 ~ 2012/02

Posted under 南関ファンタジスタ by admin on 月曜日 12 3月 2012 at 8:08 PM

南関ファンタジスタは、上位人気の数頭の中から、
オッズの差から、一着になる馬を2~5頭に絞り、
単勝を当てることがメインです。

ただし、南関4競馬のオッズの特長を活かすため、
あるオッズの場合には、馬複(馬連)で数点を狙う手法が加味された
単勝・馬複複合型の馬券術となっています。

賭け方としては、1レース毎の掛金を均等にする方法と、
利益の目標金額を設定して、必要な額に達する金額を賭ける方法の
2つがあり、どちらの場合も勝ち逃げと損切りを原則としています。

また、負けたレースの後は、マーチンゲール法や追い上げを行うことが
推奨されています。

さて、南関ファンタジスタの的中率は公証67.4%で、
回収率は124.5%となっています。

南関ファンタジスタ
あの“競馬で負けた記憶がないという男”的部駿一郎の新ロジックがついに解禁

船橋競馬の検証結果(2012/01~2012/2)

船橋競馬における南関ファンタジスタの検証結果ですが、
延べ9日間の的中率の平均は44%で、
公証の値からすると、ちょっと低すぎるようです。

実際には、10%台が1回、20%台が1回、 30%台が0回、
40%台が3回、50%台が4回、60%台が1回、70%以上が0回となっていて、
毎開催期間で、40%以上が5日中に4日なので、
的中レース見極めが大切です。

的中した際の回収率は平均140%。対象レーストータルでは70%なので、
確実に的中レースを拾わないと、プラス収支は難しいようです。

さらに、不的中後のマーチンゲール法や追い上げについてですが、
的中しても平均回収率140%なので、
この手法では、各レース1万円で、2回連続で不的中になった場合でも、
次は合計約5万円の掛金が必要となり、トータル約9万円の支出です。
ここで的中が無ければ、掛け金が飛躍的に増えてしまいます。

ちなみに、3回以上連続して不的中になる確立は55%。
5日間で3回連続して不的中になるのは2日~3日で、
3回連続して不的中だった場合は損切りとし、
翌日に仕切りなおすのが得策といえます。

やはり、各レース均等に金額を割り振り、プラスになったところで
利益確定して勝ち逃げるのが一番効果的なようです。

(more…)


大井競馬の検証結果(1) 2011/12 ~ 2012/02

Posted under 南関ファンタジスタ by admin on 月曜日 5 3月 2012 at 8:00 PM

南関ファンタジスタは、上位人気の数頭の中から、
オッズの差から、一着になる馬を2~5頭に絞り、
単勝を当てることがメインです。

ただし、南関4競馬のオッズの特長を活かすため、
あるオッズの場合には、馬複(馬連)で数点を狙う手法が加味された
単勝・馬複複合型の馬券術となっています。

賭け方としては、1レース毎の掛金を均等にする方法と、
利益の目標金額を設定して、必要な額に達する金額を賭ける方法の
2つがあり、どちらの場合も勝ち逃げと損切りを原則としています。

また、負けたレースの後は、マーチンゲール法や追い上げを行うことが
推奨されています。

さて、南関ファンタジスタの的中率は公証67.4%で、
回収率は124.5%となっています。

南関ファンタジスタ
あの“競馬で負けた記憶がないという男”的部駿一郎の新ロジックがついに解禁

大井競馬の検証結果(2011/12~2012/2)

大井競馬における南関ファンタジスタの検証結果ですが、
延べ16日間の的中率の平均は48%で、
公証の値からすると、ちょっと低すぎるようです。

実際には、10%台が0回、20%台が1回、 30%台が2回、
40%台が7回、50%台が1回、60%台が4回、70%以上が1回となっていて、
毎開催期間で、40%以上が5日中に2日、30%以下も2日、
この辺りの見極めができれば的中率が上がりそうです。

的中した際の回収率は平均153%。対象レーストータルでは157%なので、
当たり易いポイントが見つかれば、プラス収支にしやすいはずです。

さらに、不的中後のマーチンゲール法や追い上げについてですが、
的中しても平均回収率157%なので、
この手法では、各レース1万円で、2回連続で不的中になった場合でも、
次は合計約5万円の掛金が必要となり、トータル約9万円の支出です。
ここで的中が無ければ、掛け金が飛躍的に増えてしまいます。

ちなみに、3回以上連続して不的中になる確立は43%。
5日間で3回連続して不的中になるのは1日~4日で、
3回連続して不的中だった場合は損切りとし、
翌日に仕切りなおすのが得策といえます。

そして、各レース均等に金額を割り振り、プラスになったところで
利益確定して勝ち逃げるのが一番効果的なようです。

(more…)


川崎競馬の検証結果(1) 2011/12 ~ 2012/01

Posted under 南関ファンタジスタ by admin on 火曜日 28 2月 2012 at 5:44 PM

南関ファンタジスタは、上位人気の数頭の中から、
オッズの差から、一着になる馬を2~5頭に絞り、
単勝を当てることがメインです。

ただし、南関4競馬のオッズの特長を活かすため、
あるオッズの場合には、馬複(馬連)で数点を狙う手法が加味された
単勝・馬複複合型の馬券術となっています。

賭け方としては、1レース毎の掛金を均等にする方法と、
利益の目標金額を設定して、必要な額に達する金額を賭ける方法の
2つがあり、どちらの場合も勝ち逃げと損切りを原則としています。

また、負けたレースの後は、マーチンゲール法や追い上げを行うことが
推奨されています。

さて、南関ファンタジスタの的中率は公証67.4%で、
回収率は124.5%となっています。

南関ファンタジスタ
あの“競馬で負けた記憶がないという男”的部駿一郎の新ロジックがついに解禁

川崎競馬の検証結果(2011/12~2012/1)

川崎競馬における南関ファンタジスタの検証結果ですが、
延べ14日間の的中率の平均は47%で、
公証の値からすると、ちょっと低すぎるようです。

実際には、10%台が1回、20%台が1回、 30%台が3回、
40%台が2回、50%台が2回、60%台が1回、70%以上が4回となっていて、
毎開催期間で、50%以上が5日中に2日はあり、
この辺りの見極めができれば的中率が上がりそうです。

的中した際の回収率は平均153%。対象レーストータルでは128%なので、
当たり易いポイントが見つかれば、プラス収支にしやすいはずです。

さらに、不的中後のマーチンゲール法や追い上げについてですが、
的中しても平均回収率128%なので、
この手法では、各レース1万円で、2回連続で不的中になった場合でも、
次は合計約5万円の掛金が必要となり、トータル約9万円の支出です。
ここで的中が無ければ、掛け金が飛躍的に増えてしまいます。

ちなみに、3回以上連続して不的中になる確立は57%。
5日間で3回連続して不的中になるのは2日以下で、
3回連続して不的中だった場合は損切りとし、
翌日に仕切りなおすのが得策といえます。

そして、各レース均等に金額を割り振り、プラスになったところで
利益確定して勝ち逃げるのが一番効果的なようです。

(more…)


浦和競馬の検証結果(1) 2011/12 – 2012/01

Posted under 南関ファンタジスタ by admin on 火曜日 21 2月 2012 at 7:34 PM

南関ファンタジスタは、上位人気の数頭の中から、
オッズの差から、一着になる馬を2~5頭に絞り、
単勝を当てることがメインです。

ただし、南関4競馬のオッズの特長を活かすため、
あるオッズの場合には、馬複(馬連)で数点を狙う手法が加味された
単勝・馬複複合型の馬券術となっています。

賭け方としては、1レース毎の掛金を均等にする方法と、
利益の目標金額を設定して、必要な額に達する金額を賭ける方法の
2つがあり、どちらの場合も勝ち逃げと損切りを原則としています。

また、負けたレースの後は、マーチンゲール法や追い上げを行うことが
推奨されています。

さて、南関ファンタジスタの的中率は公証67.4%で、
回収率は124.5%となっています。

南関ファンタジスタ
あの“競馬で負けた記憶がないという男”的部駿一郎の新ロジックがついに解禁

浦和競馬の検証結果(2011/12~2012/1)

浦和競馬における南関ファンタジスタの検証結果ですが、
延べ10日間の的中率の平均は50%で、
公証の値より若干低くなっていますが、まあ合格圏内といえそうです。

実際には、30%台が4回、40%台が2回、
50%台が3回、60%台が1回、70%台が2回となっていて、
50%未満が連続する週と、50%以上が連続する週があり、
開催時期や番組によってばらつきがあることが分かります。

的中した際の回収率は平均143%。対象レーストータルでは75%なので、
的中後の勝ち逃げ、不的中後の損切りの見極めが大切です。

さらに、不的中後のマーチンゲール法や追い上げについてですが、
的中しても平均回収率143%なので、
この手法では、各レース1万円で、2回連続で不的中になった場合でも、
次は合計約5万円の掛金が必要となり、トータル約9万円の支出です。
ここで的中が無ければ、掛け金が飛躍的に増えてしまいます。

ちなみに、3回以上連続して不的中になる確立は30%。
5日間で3回連続して不的中になるのは1.5日でしかないので、
3回連続して不的中だった場合は損切りとし、
翌日に仕切りなおすのが得策といえます。

そして、各レース均等に金額を割り振り、プラスになったところで
利益確定して勝ち逃げるのが一番効果的なようです。

(more…)


浦和は5日間で1勝4敗。明日からは大井で検証。「南関ファンタジスタ」

Posted under 南関ファンタジスタ by admin on 日曜日 25 12月 2011 at 7:05 PM

発売直後の火曜日から
検証を開始した「南関ファンタジスタ」。

先週の浦和では、5日間の平均的中率は50%。
1鞍あたりの掛金は1万円で、オッズに応じて配分した結果、
最高配当は12/23の24,180円、最低配当は7,400円でした。

開催日毎の結果は、次の通りです。

12/19
対象レース:8
的中レース:5
的 中 率:63%
最高配当額:11,560円
最低配当額: 8,820円

12/20
対象レース:9
的中レース:3
的 中 率:33%
最高配当額:22,320円
最低配当額:12,150円

12/21
対象レース:11
的中レース:9
的 中 率:82%
最高配当額:20,700円
最低配当額: 7,400円

12/22
対象レース:8
的中レース:3
的 中 率:38%
最高配当額:20,160円
最低配当額:11,700円

12/23
対象レース:11
的中レース:4
的 中 率:36%
最高配当額:24,180円
最低配当額:11,340円

※詳細は、AmazingTurf運営の専用ブログ「強烈!南関ファンタジスタの検証

南関ファンタジスタは、目標利益を決めて、
その金額に達したら利益確定で終了する
勝ち逃げの馬券術です。
また、ハズレた場合は、損失額の回収を優先します。

例えば、目標額1万円なら、賭け始めてからの累計利益が
1万円に達したところで、利益確定。
ハズレが連続した場合、損失が合計2万円なら、
次のレースでは2万円を回収する掛金配分を行います。

したがって、終日トータルでの的中率や回収額は
南関ファンタジスタの精度を知るための目安でしか有りません。

実際に儲かるかどうかは、

どこレースから賭け始めるか、
プラス終了できる確立
マイナスを抑えて終了するタイミング
5日間トータルでのリアルな収支

この4点が重要です。

詳しくは、AmazingTurf運営の専用ブログ「強烈!南関ファンタジスタの検証」で、
紹介しています。


次ページへ »