地方競馬入門(IPATの地方競馬対応記念連載)(4)

Posted under IPATのはじめ方,競馬ではじめる副収入 by admin on 木曜日 14 2月 2013 at 12:07 PM

浦和競馬は、何度も記録的な万馬券をたたき出し、
三連複なら、毎週5本以上の万馬券が期待できます。

しかし、こうした傾向に引きづられて、
穴狙いに焦点を絞ると、なかなか馬券をあてることができません。

というのも、単勝オッズで見ると、
必ずしも高倍率の馬が馬券になっているわけではないからです。

単勝オッズでは、40倍台までが馬券圏内で、
50倍以上が馬券に絡むのは、1日一鞍あればいいほうです。

実際、40倍台まで範囲となる6頭~10頭程度に
ボックスで賭ければ、三連複でも毎日10鞍程度的中します。
しかし、トリガミにならないよう配当を考えるなら、
さらに絞り込む必要があります。

複勝のオッズに着目すると、
1倍台-2倍台の2頭以上が、毎日8~10鞍程度は馬券に絡んでいます。
さらに、その2頭が共に連対するレースが7鞍前後あります。

つまり、複勝1倍台-2倍台のボックスで
馬複なら7鞍当てることができ、
三連複なら、複勝1倍台-2倍台のボックスに、
単勝40倍台以下を加えるだけで8鞍以上的中します。

例えば、「2013年2月12日」の場合、
馬複ボックスが的中したのが、
2R~6R、8R、10R、12Rの8鞍です。

単純に一点100円で賭けると、
1~12Rの掛金合計が7600円で、配当は5750円で、
結果的にはマイナス収支となってしまいます。

三連複ボックスが的中したのは、
2R~6R、10R、12Rの7鞍です。
単純に一点100円で賭けると、
1~12Rの掛金合計が5900円で、配当7170で、
1270円のプラスです。

三連複ボックスに、単勝40倍台以上を加えたフォーメーションでは、
1R~6R、8R、10R~12Rの10鞍が的中。
1~12Rの掛金合計が36500円で、
配当13610円で大幅なマイナスとなります。

これでは、的中率は高いものの、
三連複ボックス以外は収支がマイナスなので、
効果的なかけ方とはいえません。

実は、的中したレースの全てで、1人気が連対しています。
したがって、1人気を頭にフォーメーションを組めば、
掛金の合計は、馬複なら3600円、三連複なら4000円、
単勝40倍台以上を加えた三連複でも18600円のとなり、
馬複はプラス4000円、三連複はプラス3170円になります。

単勝40倍台以上を加えた三連複では、
5010円のマイナスになりますが、マイナス額が大幅に減るので、
掛金の分配を変えることで、プラス収支にすることもできそうです。


地方競馬入門(IPATの地方競馬対応記念連載)(3)

Posted under IPATのはじめ方,競馬ではじめる副収入 by admin on 月曜日 4 2月 2013 at 9:06 PM

今週(2/4 – 2/8)の南関競馬は、報知グランプリカップが行われる船橋競馬。
船橋競馬のオッズの特徴は、上位3頭の連対率が高く、
単勝50倍以上は馬券に絡まないなど、
南関4競馬場の中でもカタイ決着が多い競馬場といえます。

単勝が20倍台以下の3頭での決着が多く、なかでも10倍台以下が3鞍以上となっていて、
そのうち、複勝2倍台が連対する確率が高く、さらには1倍台の2頭が馬券に絡みやすくなっています。

つまり、軸は単勝上位3頭のいずれかで、相手は単勝10倍以下で複勝1倍台。
紐は単勝20倍台までで、複勝2倍台までということになります。

実際には、1人気の連対率が高いので、
馬複なら、1人気軸で、2~6人気の中で単勝10倍以下の複勝1倍台が相手。
三連複なら、紐として単勝20倍台までの複勝2倍台に流せば、
高確率で的中することになります。

ただし、オッズ次第では買い目が10点以上になることもあり、
ここからさらに絞らないと、結果的にトリガミになることもあるので注意してください。

もちろん、潤沢な資金があるのなら、配分を工夫すれば十分プラス収支が可能です。


地方競馬入門(IPATの地方競馬対応記念連載)(2)

Posted under 競馬ではじめる副収入 by admin on 金曜日 19 10月 2012 at 4:30 PM

よほどの競馬ファンでない限り、地方競馬のなじみは薄く、情報に乏しいことでしょう。
出走馬の血統や実績、調教内容など、地方競馬専門誌を読めば
ある程度は知ることができますが、結局付け焼刃に過ぎません。

とことが、中央競馬の予想法や馬券術でも多用されているオッズ分析なら、
地方競馬でも充分に結果が期待できます。

もちろん、中央競馬のオッズ分析手法をそのまま使っては駄目です。
地方競馬には地方競馬の手法、さらに言うのなら、
各競馬場ごとのオッズ特性を取り入れた分析が必要です。

例えば、今週(2012/10/19現在)開催されている「川崎競馬」の場合、
締め切り約20分前のオッズと、レース結果を比較すると、
1人気が馬券になったレースは1日で8鞍前後。
11人気以下が馬券になったレースは5日間で1回程度です。

つまり、1人気を頭に、2~10人気の8頭BOXに流せば、
1日あたり8鞍的中できることになります。
しかし、これでは1レースあたり36点買いになるので、
万券が多く出た日以外は、マイナス収支になる可能性が高いです。

そこで、2・3人気に注目してみると、それぞれ1日で5鞍前後が馬券に絡み、
1人気と2・3人気いずれかとの組み合わせが1日当たり4鞍前後あります。
つまり、1人気から2・3人気への2軸から、2~10人気へ総流しにすれば、
1日で4レースを的中させることができます。
これなら、万券が1回以上または5千円前後が3回以上でれば、プラス収支になります。

こうした検証を積み重ねれば、地方競馬でも確実に利益を上げることが可能です。


地方競馬入門(IPATの地方競馬対応記念連載)(1)

Posted under IPATのはじめ方,競馬ではじめる副収入 by admin on 木曜日 11 10月 2012 at 7:40 PM

IPATで地方競馬の投票が行えるようになりました。
といっても、水・木曜日と土・日曜日(JRA開催日)
およびダートグレード開催日に限られていますが‥‥。

これを機会に、ダートグレードだけでなく、本格的に地方競馬にチャレンジしてみよう
という方も多いかもしれません。

既に、地方競馬にチャレンジされた方も多いでしょう。そして、
JRAとの違いに戸惑ってはいませんか?

  • 知らない馬ばかり
  • 競馬新聞以外の情報が少ない
  • 出走頭数が少ない
  • レースのランクやグレードが分からない
  • 配当が伸びない

多くの地方競馬では、馬番自体が最大でも14頭(大井競馬は16頭)で、
数頭しか出走しないレースも珍しくありません。

また、C1、C2といったレースのランクも、中競馬ファンにはなじみがなく、
出走する馬も、各地の厩舎に所属している馬がほとんどで、
中央から移籍した馬や、交流戦で参戦した中央馬以外は、
なじみのない馬ばかりです。

しかも、情報源は地方競馬専門紙だけといってよく、ネットで検索しても、
地方競馬を入念に扱っている情報源は見当たりません。

そのため、予想を愉しむというよりも、競馬新聞のシルシとオッズを参考に
無難な買い目に賭けるしかないようです。
ところが、出走頭数が少なめで、比較的上位人気での決着が多いため、
思うように配当を伸ばすことができず、収支も期待できない、
と感じている方も多いことでしょう。

オッズ分析で、難関競馬を攻略する

地方競馬の中でも、比較的情報が豊富なのが、南関4競馬場。
大井、川崎、船橋、浦和の4競馬場は、雑誌やテレビで取り上げられることも多く、
スポーツ新聞や競馬新聞にも情報が掲載されています。

しかも、「史上何番目」といった高額配当が飛び出すこともあり、
配当面でも比較的期待ができる地方競馬といえます。

そうはいっても、中央競馬ほどの情報が無いので、
血統や調教などの事前情報で予想をすることは困難で、
競馬新聞のシルシを参考にしていては、
トータルでプラス収支が難しいのが南関競馬。
各競馬場の特性を知り、オッズを駆使して、中穴を狙うことが大切です。

簡単に言えば、三連複なら上位人気との組み合わせで
4~6人気が一頭絡めば、配当は1千円~5千円程度で、
7~10人気が一頭絡めば、5千円~1万円程度になります。

そして、南関4競馬場それぞれで、こうした組み合わせが出現する確率が違うので、
トータルでプラスになるように、バランスを取りながら賭ければ、
一日でプラス1万円も可能です。

もちろん、11人気以下が馬券になる高配当のレースや、
上位人気がまったく絡まない大荒れのレースもありますが、
地方競馬の少ない情報で、こうした馬券を当てることは至難の業。
一日に1鞍~2鞍あるかないかの高額配当を狙うより、
毎日、数鞍は必ず当たる買い目を狙った方が効率よく儲けられることは明白です。

あとは、各競馬場のオッズの特性を分析して、
どの買い目(フォーメーション)で、三連複を買い続ければ、
プラス収支で勝ち逃げできるかを考えればいいわけです。


的中を次々と連発させる【馬券的中法則】

Posted under 競馬ではじめる副収入 by admin on 火曜日 17 1月 2012 at 7:12 PM

的中を次々と連発させる【馬券的中法則】

ebook178

1レースに使用する金額は、最大で2,000円。
美味しい中配当を連発する予想法があります。

競馬に不的中はつき物とはいえ、多くの競馬ファンが負け越している中で、
パソコンを持っていれば、競馬初心者でも、
正しいルールで予想すれば、継続的に利益を出していくことができます。

なぜなら、「馬券的中法則」は、的中率52%なので、
2回に1回の割合で的中するからです。

もちろん、トータルで収支がマイナスで終わる週もあります。
しかし、月間トータル、年間トータルであれば、プラス収支となる予想法です。

「馬券的中法則」を使った買い目は誰でも同じになり、
券種は「3連複」、点数は10点~20点以内。
出馬表からレースを選択し、オッズを取得、あとはチャートに沿って
購入レースと買い目を決めるだけで、利益を積み上げることができます。

主な特長

  • 購入に使うお金は1レース1,000円~2,000円。
  • 買い目を出すのに要する時間はわずか12秒。
  • 約2回に1回の確率で的中。
  • チャートに沿って簡単に使いこなせます(暗記できるレベル)。
  • 追い上げは一切使用しません。
  • 面倒くさい判断や複雑な数式など買い目を出す際に迷いは無し。
  • 競馬新聞が必要無くなります。
  • 競馬場でも自宅でも使える馬券術になります。
  • 年間通して使い続ける事が出来ます。
  • 馬券購入に迷いが無くなります。
  • 機械的に馬券を購入していくことが出来ます。
  • 競馬予想をする時間のロスが必要なくなります。
  • 今までと違う角度から馬券を見る事が出来ます。
  • 競馬初心者でも簡単。
  • 競馬を投資として捉える事が出来ます。
  • 競馬でお金の運用ができることを実感できます。
  • 中配当を連発させることが可能です。
  • 堅いレースから中配当まで普通に的中させることが可能です。

的中を次々と連発させる【馬券的中法則】

ebook178



次ページへ »